メインコンテンツへスキップ

将棋部活動報告

5月4日と5日の両日,名古屋中学校・高等学校で第54回全国高等学校将棋選手権大会の愛知県大会が行われました。4日の団体戦は県下56チーム,5日の個人戦は260名を超える参加があり過去最大規模となりました。

 4日の団体戦は2チームが参加,有段者3人のAチームは松蔭B,東海C,明和Bをいずれも3-0で破り予選リーグを1位で通過,16チームの決勝トーナメントでは,1回戦で天白を3-0で破るも,2回戦で愛工大名電Aに惜敗。県ベスト8となりました。また,高校から将棋を始めた3人が3年生となり望んだBチームは,旭野,栄徳Bに勝利,岡崎Bに惜敗で2勝1敗のリーグ2位,決勝トーナメントを逃しましたが,3人全員が1勝をあげることができ予想以上の結果に喜びました。

 5日の個人戦には過去最高の15人が参加。そのうち,初戦を突破できたのは,不戦勝含めたわずか5人と厳しい結果となりましたが,3年生2人がベスト32(4回戦進出),3年生1人がベスト64(3回戦進出)の結果を残してくれました。初めて参加する1年生には,大会の雰囲気もいい経験になったと思います。

 3年生はこれで引退となりますが,今後とも滝高校将棋部をよろしくお願いします。

Copyright © 滝中学校・滝高等学校 All rights reserved.