メインコンテンツへスキップ

ホーム / 学校案内 / 沿革 / 建学の精神

建学の精神

建学の精神

創立者滝信四郎は、明治元年、滝家四代目の四男として江南市東野に誕生し、明治の中頃から実業家として活躍、大成功をおさめた。
大正15年、故郷東野の地に学校を設立。将来大いに活躍するであろう青少年を育てることこそが、故郷への最大の恩返しになると考えたのである。

創立時からの校訓は、質実剛健、勤勉力行、報恩感謝

こうして滝信四郎先生が滝学園を創立した時、ご自身が常に心がけていた次の事柄を「校訓」として示した。

質実剛健・勤勉力行・報恩感謝

これは次のように理解している。

質実剛健 「実」のある豊かな人生を結実させるためには、質の高い人間性、
強くて柔軟な精神力、健康な身体を持った人間であらねばならない。
勤勉力行 高い理想の実現に向かって、強固な意志を持ち、ひたむきに努力を続ける、
行動力のある人間であらねばならない。
報恩感謝 社会の発展が個人の幸福を保障し、個人の向上が社会の発展に貢献する。
人間と人間のつながりを大切にし、人々のために努力する感性豊かな人間で
あらねばならない。
Copyright © 滝中学校・滝高等学校 All rights reserved.