メインコンテンツへスキップ

ホーム / 学校案内 / 寄付金について / 寄付金(募集)の減税・免税の優遇措置

寄付金(募集)の減税・免税の優遇措置

ご寄付者が個人の場合

1.所得税の寄付控除

個人の方が滝学園に対して行った寄付については、「所得控除」と「税額控除」のいずれかの適用ができます。確定申告の際どちらか一方をご選択いただきます。 

[1] 税額控除
平成24年12月以降の寄付から適用になります。所得税率にかかわりなく所得税額から控除されますので、小口の寄付でも減税の効果が大きくなります。

控除額=(税額控除対象寄付金-2000円)×40%
注)控除対象額は、所得税額の25%が限度となります。
税額控除対象寄付金は、税額控除対象法人への寄付金額で、その年の総所得金額の40%が限度となります。

 [2] 所得控除
その年の寄付金額から2000円を差し引いた金額が所得金額から控除されます。

控除額=(その年の寄付金の合計額)-2000円
注)寄付金の合計額は、所得金額の40%が限度となります。

2. 個人住民税の寄付金控除

滝学園への寄付金は、条例で寄付金税額控除の対象としている都道府県または市町村にお住まいの方は、個人住民税の控除の適用を受けることができます。詳細については各都道府県または市町村の税務担当課にお問い合わせください。

 

ご寄付者が法人の場合

 企業等法人からのご寄付につきましては、下記の2通りの方法があり、どちらか一方をご選択いただきます。

1. 受配者指定寄付金

文 部科学省所管の独立行政法人「日本私立学校振興・共済事業団」を通じてご寄付いただく制度です。寄付金の全額を損金に算入することができます。事業団への 手続きは本学園で行います。申告の際に事業団の発行する「寄付金受領書」が必要になります。「寄付金受領書」は、本学園を経由してお送りすることとなりま すが、寄付金の集中する決算期には1か月程度かかりますのでご留意いただく必要があります。

2. 特定公益増進法人に対する寄付金

一般の損金算入限度額と同額が別枠として損金に算入することができます。

損金算入限度額=(A+B)×1/2

A:資本金基準額=(期末資本金+期末資本金積立額)×事業年度月数/12×3.75/1000
B:所得基準額=当期の所得×6.25/100

*減税・免税手続きに必要な「寄付金領収書」、「特定公益増進法人証明書(写し)」は寄付金が入金次第お送りいたします

Copyright © 滝中学校・滝高等学校 All rights reserved.